香典の相場はいくらなの?<お金の金額の目安>

お香典とは、「死者の霊前にお供えする香に代わる金銭のこと」なのですが、もともとは故人に香やお花を持参していたものを、香典はその代わりとして故人に供えたものです。

香典で一番頭を悩ますのは、「その金額」だと思います。お香典

香典の書き方やお金の入れ方、包み方などはネット上にもいろいろなサイトなどありますので、それらを参考にすれば良いのですが、

香典に入れる金額になると、そうはいきませんよね。。

何故なら、故人と自分(贈り手)とのつながりや年齢、社会的位置、

その「親しさの度合い」よって金額が変わってくるからです。

またそれ以外にも、土地柄など、いろいろな要素も絡んできます。

お香典に関する、ある程度の相場というものはありますので、それを目安にして、決めてみてください。

Sponsored Link



お香典の相場の目安

お香典の相場ですが、「特に親しかった」や、「普通に親しい」などで変わってきますので、自分で判断して以下の金額の中から決めてみてください。

 

親類や近親者など血縁関係

両親:3万円~10万円

兄弟姉妹:3万円~5万円

祖父母:1万円~5万円

おじ・おば(伯父・叔父・伯母・叔母):1万円~3万円

その他の親戚・親族・いとこ:3千円~3万円

 

生前お世話になった人

勤務先の上司:3千円~1万円

取引先の上司:3千円~1万円

恩師:3千円~1万円

仲人:1万円

取引先の重役以上の役職者:1万円
※弔電やお花を手配し、香典は贈らないこともありますし、会社名(社長名)で香典を出すこともあるので、まずは上司に相談してみてください。

※ここで注意すべきなのが、あまりにもお世話になったので、お香典の相場を越えてしまうことです。上司や恩師などの場合には、同僚や友人と話して同じようなお香典の金額にすべきですし、連名でもいいでしょう。

Sponsored Link



一般友人・知人・隣近所

友人・知人:3千円~1万円

友人・知人の親:3千円~1万円

勤務先の同僚:3千円~1万円

勤務先の部下:3千円~1万円

隣近所:3千円~1万円

 

上記の金額はあくまでもいろんな資料やサンプルなどに基づきだした

お香典の金額の相場です。

実際には、最初の心づもりに多少プラスした額であれば間違いないと思われます。^^

 

その他の香典を包む際のマナー

お香典の金額が決まったら、それで安心していてはいけません。^^;

お香典を包む際のマナーがありますので、参考にしてください。

 

香典の金額は奇数で

一般的に奇数が良いとされています。

3千円、5千円、1万円、3万円、5万円、10万円、30万円、50万円という切りの良い数字がよく使われます。

また、「4」や「9」という数字は避けた方が良いでしょう。

 

香典に包むのは旧札で

香典を包むのは旧札を使用してください。

どうしても新札しかない場合には、一度自分で折り目をつけてから香典袋に入れると良いです。

新札の場合には、一度くちゃくちゃにする人もいるようですが、少し折り目をつければ、そこまでしなくても・・と私は思います。

また、お札は裏向きに包みましょう。

 

香典袋の文字は薄い墨で

お香典袋の表書きには、薄い墨で書くのが常識です。

それは涙にじんで文字が薄くなるという意味からきているそうです。

薄墨の筆ペンなどが売られていますので、それを利用すると良いでしょう。

 

会社・団体など一律いくらの時にはそれに従う

職場・町内会など団体の一員としてご香典を包む場合には、金額の申し合わせが決まっていることが多いです。

その時には、事前に確認した方が無難ですし、金額が決まっている時にはそれに従ってください。

 

まとめ

知っているようで、知らないことの多い香典についての紹介でした。

こういったマナーはきちんと知っておかないと恥をかきますね。。

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)


2013年7月26日 香典の相場はいくらなの?<お金の金額の目安> はコメントを受け付けていません。 冠婚葬祭