香典袋の書き方が知りたい!お札の向きは?中袋がない時は?

香典袋を見たことはあっても、香典袋の書き方は書く機会がなければあまり意識しませんよね。

今日は、香典袋の書き方、また、香典の包み方などを紹介します。

いざという時に、恥をかくことがないように、しっかりとマナーを身につけておきましょう♪

Sponsored Link



香典の表書きの書き方

お香典

御霊前:各宗教に共通

御仏(佛)前:仏教
御香典・御香料:仏教

御神前:神道
御花料:神道

御花料:キリスト教各宗派共通
御弥撤(ミサ)料:カトリック

相手の宗教によって書き方が変わるので、迷った時には、

「御霊前」

と書いておくと間違いないでしょう。

※蓮の入った香典袋は、仏教以外には使いません。

香典袋の表面の中央下部分には、「自分の名前をフルネーム」で書きます。

連名の場合は、『3名までOK』のようです。

それよりも大人数での連名の時には、代表者の名前を袋の表側の中央に書き、他3名とか他一同と横に小さめに記載し、全員の名前は別の紙に書いて袋の中に入れるか、中袋に書くのがマナーです。

また、遺族と面識がない場合は、個人名だけでなく、社名を記入すると分かりやすいですね。

 

香典袋の中袋の書き方

市販の香典袋には、中袋のあるものがありますから、そこにも、金額と住所、氏名を書きます。

表側:「金○○円」と漢数字で記入

裏側:住所・氏名

を書いておくと親切ですね。

香典袋を書く時には、濃い墨ではなく薄い墨で書くことが大切です。

また、中袋が横書きになっているものもあるようですから、その場合は漢数字ではなく、アラビア数字を入れても構わないようです。

 

香典袋の中袋がない場合

地域によっては、中袋を使わないところもあったり、市販のものでも中袋がないことがあります。

その場合には、香典袋の表面の裏の左隅に住所と金額を書いておきます。

お金はそのまま入れても構わないのですが、気になるようでしたら、半紙に包んだらよいでしょう。

金額が多い場合には半紙に包んだ方がいいですね。

Sponsored Link



香典のお札の向きは?

香典袋に入れるお札の向きについては決まりはないようです。

しかし、一般的なものとして、袋を開けた時にお札の「表面(肖像画のある方)」が見えるようにして、肖像画の部分は下にくるようにしてください。

また、お札の向きを揃えて、何枚か包む場合にも向きは同じにしておきます。

 

香典の包み方

正式的には、半紙で紙幣を包みます。

さらに奉書紙で上折りを下の折に重ねて包み、慶事(結婚式)とは逆になります。

また、紙幣は新札でなく、どうしても新札しかない場合には一度折り目を入れてから使ってください。

水引には、黒白か、銀を使い、結び切りにします。

香典は、そのまま持ち歩いたりはしませんし、むき出しでは失礼ですので、紺かグレーの袱紗(ふくさ)などで包むのが好ましいでしょう。

ふくさの折方は、右、下、上、左、と折るマナーもありますが、最近では香典袋をはさむだけというタイプのふくさもあります。

 

まとめ

今年、身内がなくなった時に香典袋の整理をした時に、今回紹介したようなマナーになっていない人もいました。

マナーがなっていなくてもそれほど気になりませんでしたが、ただ字が丁寧に書かれているかいないかというのはとても重要に思えました。

適当にざっと走り書きのような書き方の袋には気持ちがこもっていないように思えたし、はっきりと書かれていないと、こちらとしても住所を保存するのに困りました。

ヘタでもいいので、字は丁寧に書くのが礼儀だと感じました。^^

また、いざという時に慌てないように、香典袋や薄墨の筆ペンは常備しておくと良いと思います。

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)


2015年9月7日 香典袋の書き方が知りたい!お札の向きは?中袋がない時は? はコメントを受け付けていません。 冠婚葬祭