お歳暮のマナー<時期はいつから?人気の贈り物や予算の相場>

知っているようで知らないお歳暮のマナーについて。^^

お世話になった方への感謝の気持ちを贈るお歳暮。

お歳暮を贈る時期やいつから贈り始めるのか、また、最近の人気商品の傾向や上手な選び方・贈り方、お歳暮の相場などのマナーについて紹介します。

宅配

Sponsored Link



お歳暮とは?

日本では、暮れに世話になった人に対し感謝するなどの歳暮周り(せいぼまわり)と呼ばれる年中行事が行われることが多い。このときに贈り物がされるが、この贈答品がお歳暮と呼ばれ、現在では「歳暮」「お歳暮」といった場合、この贈答品、または贈り物の習慣を指すことが一般的である。

Sponsored Link



引用元

 

その由来は?

元々新しい年を迎える準備の時に行うようになったもので、神様へのお捧げものが年末の贈り物の習慣に転化したものです。

1年間にお世話になった人達への感謝の思いをこめて贈り物を送るようになったことから始まりました。

 

人気の贈り物の傾向

お歳暮として贈る品物としては、神様への供え物なので、戦前から、

「米、野菜、お餅、酒など食料品」

が中心でしたが、この傾向は現在でも続き、

「ハム・ソーセージ、新巻鮭、酒、ビール、コーヒー、油、調味料」

などが代表的です。

ロースハム

 

最近の傾向では、海鮮セットかにしゃぶセットのような海の幸や、

産地直送の生鮮食料品が人気のようですね。^^

★お歳暮の人気商品は?(楽天市場)

 

お歳暮の上手な贈り方

ギフトお歳暮って同じようなものが重なる可能性が高いので、贈る相手によって、相手の家族構成や好み、年齢、その時期の行動予定などを前もって調べておき、

先方に合わせた贈り物を送ると、他とは一味変わったアピールをすることができますね★

反対に、毎年同じものを送ることで、先方も予測することができ、喜ばれる場合もあります。

確かに、毎年同じものを送ってくる親戚がいますが、その土地での特産品で美味しいものなので、毎年楽しみにしています。^^

 

お歳暮を贈る準備はいつから?

お歳暮は、11月に入ったら各百貨店ではもう受注などできるようになります。

11月下旬になると込み合ったり、欲しいものが手に入らなくなると困るので、遅くとも11月に入ったら誰に何を送るか準備を始め、11月下旬には受注が終わるように心がけたいですね。^^

 

お歳暮を贈る時期

贈る時期は11月下旬から12月20日までに届くようにしたら良いです。

いつ送るかは、贈る品物によることもあります。

例えば、お正月用の食料品だとすれば、12月20日頃が良いでしょうが、年末ぎりぎりの慌しい時期に送るのは避けるようにしましょう。

 

また、地域によって、送る時期が若干違うようです。

関東:12月初旬~20日頃

関西:12月13日~20日頃

九州:12月10日~20日頃

全国的に

「12月20日までに届くように送る」

と良いですね。^^

 

お歳暮が間に合わない場合には?

何らかの都合でお歳暮が間に合わず、20日を過ぎる場合には、

「お年賀」

として贈りましょう。

さらに遅れて1月7日を過ぎたら(関西は1月15日以降)

「寒中お伺い」

「寒中御見舞い」(喪中の場合は「寒中御見舞」)

として、立春(2月4日頃)までには贈りましょう。

 

お歳暮の予算の相場

お歳暮の価格の一般的な目安としては、

「3,000~5,000円」

くらいだと言われています。

特にお世話になった人に対しては、自分の感謝の思いの額なので、もう少し多くなっても良いでしょう♪

 特にお世話になった方:5,000円~10,000円

 両親・親戚:5,000円

 仲人や勤務先の上司:5,000円

 知人・友人:3,000円~5,000円

 付き合い:3,000円~4,000円

 

喪中時のお歳暮のマナー

自分が喪中の場合でも、相手が喪中の場合でも、お歳暮は贈ることができます。

ただし、喪中の相手に送る場合、あまり華やかなものは避けた方が無難でしょう。

 

また、お歳暮を送っていない人からお歳暮をいただいたら、お礼状を書くか、お歳暮をお返ししましょうね!^^

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)


2013年10月27日 お歳暮のマナー<時期はいつから?人気の贈り物や予算の相場> はコメントを受け付けていません。 暮らしのマナー