アロマバスの作り方とは?<精油&ハーブ湯>

入浴は気持ちが良くなるだけではなく、さまざまな効能があります。

精油、または、ハーブなどを入れて、アロマバスやハーブ湯にすると、さらに心も体もリラックスできます♪

今日は、自分でアロマバスを作るコツや日本伝統のハーブ湯について紹介します。

アロマバス

Sponsored Link



精油を使ったアロマバスの作り方

自分の期待する効果や、お好みに応じて精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)を決めてください。

バスタブに精油を数滴入れて、よくかき混ぜます。

精油(アロマオイル)の量は、1~5滴です。

 

精油は水に溶けにくいので、そのまま入れると表面に浮いていしまうこともあります。

その場合、シーソルトや植物油、牛乳のいずれかを精油と混ぜてからバスタブに入れると良いです。

・シーソルト大さじ1:精油1~5滴

・植物油5ml:精油1~5滴

・牛乳大さじ2:精油1~5滴

※小さなお子さんや敏感肌の方には、アロマオイルは刺激が強い場合がありますので、必ずパッチテストを行ってから使用するようにしてください。

アロマオイル

リラックスしたい時には、ぬるめのお湯に30~40分程度入るのがおすすめです。^^

 

ドライハーブを使ったアロマバスの作り方

アロマバスは、ハーブを使っても出来ます♪

カモミールやローズマリーなどのドライハーブを料理用のティーバック(お茶やだし汁などに使うもの)に入れて、しっかりと袋の口を閉じます。

それをバスタブに入れて、そのままお風呂を沸かせば簡単アロマバスの出来上がりです♪

沸かすタイプのお風呂ではなく、給湯式のお風呂の場合には、ドライハーブの袋をお湯がかかるように蛇口にかければ大丈夫です。

ハーブ湯の方が自然で優しいかもしれませんね。^^

カモミール

 

日本伝統のハーブ湯

季節を楽しむことが出来る日本では、古くから果実や草花など自然を取り入れた入浴剤で、四季の移り変わりを楽しんでいたようです。

例えば、春は香りを楽しむ「桜湯」

冬は、体を芯から温める「みかん湯」や「柚子湯」

 

以下は、1月~12月までのハーブ湯一覧です。

1月:松湯

2月:大根湯

3月:よもぎ湯

4月:桜湯

5月:菖蒲湯(しょうぶゆ)

6月:どくだみ湯

7月:桃湯

8月:ハッカ湯

9月:菊湯

10月:生姜湯

11月:みかん湯

12月:柚子湯

葉っぱやお花、実(み)は、布袋に入れた方が良いでしょう。

それぞれにさまざまな効能があるので、民間療法としても使われていたようですね。^^

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)


2013年9月13日 アロマバスの作り方とは?<精油&ハーブ湯> はコメントを受け付けていません。 生活