ノロウイルスに感染しない為の予防法!感染原因とその対策

12月になるとインフルエンザもそうですが、ノロウイルスにも気をつけるようにいろんなところで言われてますよね。

ノロウイルスに私は感染したことはないんですが、感染すると、発熱・腹痛・下痢・吐き気などで苦しみ、嘔吐物が喉につまり死に至ることもある恐ろしい感染病です。

baikin

特に5歳以下など小さな子供が亡くなることが多いようです。

人生で一番辛かったとか、酷い人はいっそ息の根を止めてほしいと思うくらい酷かったようで、感染したときの辛さは半端じゃなさそうです。

ノロウイルスは、一度感染すると免疫が出来るので、同じ型のウイルスには感染しにくくなります。

しかし、新型ウイルスが出現すると患者数がかなり増えるので、対策が必要になってきます。

2015年の新型ノロウイルスの名前は、『新型ウイルスGⅡ.P17』

ノロウイルスには有効な「ワクチン」や「特効薬」がないため、新しい型のノロウイルスが流行り始めると数百万人規模で感染者が続出してしまうので例年以上に気をつけないといけません。

今年は特に新型ノロウイルスが流行りつつあるので、いろんなところで予防法やその対策などを紹介していますね。

今日は、ノロウイルスの感染原因と予防方法、その対策を紹介します。

Sponsored Link



ノロウイルスの主な3つの感染原因は?

チェックいろんなものに触れることで感染

ドアノブ

ノロウイルスに感染した人についたウイルスがドアノブや、手すり、つり革など様々なところに移り、そこから同じところを触ることで手に移り、それが口を触る行為などによって感染してしまいます。

人は無意識に顔や口を触っているので、気をつけましょう!

 

チェック吸い込みによる感染

toire

トイレが一番危ない場所なのですが、トイレの蓋が上がっていると、水滴が撒き散らされています。

ノロウイルスに感染した人が用を足した後のトイレだと、水滴の中には何万個ものウイルスが潜んでいる可能性があります。

そういうトイレを使うことで、目に見えない舞っている水滴を吸い込んで感染してしまいます。。

吸い込みによる感染にはもう一つあり、感染した人の嘔吐物をきれいに処理しなかった場合、特に嘔吐したところが絨毯だと、処理した嘔吐物が乾燥した後に空気中にウイルスが浮遊してしまい、それを吸い込むことで感染してしまいます。

 

チェック食品からの感染

牡蠣

ノロウイルスに汚染された牡蠣を食べることで感染することもありますが、一番多いのは、感染した人が調理した食べ物を食べることで感染するケースです。

Sponsored Link



 

ノロウイルスに感染しないための予防法

チェック触ることでの感染予防法

 トイレの後や飲んだり食べたりする前に、こまめに石鹸で手を洗うことが重要です!

手洗い

ノロウイルスは石鹸やアルコール消毒では死なないといはよく聞きますが、『水でよく洗い流すことが一番重要』なようです。

目安としては、約15秒程度で石鹸の泡が流れ落ちるくらいです。

普通に洗えばよくて、入念に洗いすぎるとかえって手が荒れて、手の表面が凸凹になり、そこからウイルスが入りやすくなってしまい、入り込んだウイルスを洗い流すのが難しくなるからです。

あと、せっかく手を洗ったのに、思わずやってしまって結局感染してしまうことは、「うっかりドアノブを触ってしまう」ことです。

手を洗った後、次にどこを触るか考えながら行動しましょう!

 

チェック吸い込みによる感染予防法

 マスクをし、トイレでは蓋をして水を流しましょう!

ちなみに、トイレの便座や蓋などを消毒するには、「次亜塩素酸ナトリウム(塩素系消毒剤)」が最も効果的です♪

 

【嘔吐物を正しく処理する方法】

吸い込みによる感染予防で大切なのが、嘔吐物を正しく処理することもあります。

子供は突然吐いたりしますので、それを手で受けてしまった時には手を念入りに洗うことも大切ですが、絨毯やフロアーなどに吐いた場合は菌が残らないようにきちんと処理しましょう!

まず、使いきり手袋を使います。

マスクをし、ペーパータオルで嘔吐物を集めるようにふき取り、ポリ袋に捨てます。

その後、新聞紙を汚染場所に敷き、500mlリットルのペットボドルの中に塩素系漂白剤をキャップ2杯分入れ、それに水を足して消毒液を作ります。
※ノロウイルスを死滅させるのに十分な濃度の消毒液になります。

新聞紙の上に作った消毒液を染み込ませて15分以上置き、もう一度ふき取ったら終了です。

手袋をポリ袋に捨て、最後に石鹸でよく手を洗いましょう!

 

チェック食べ物からの感染を防ぐ方法

 手洗いです。

結局は、手洗いですね~。

 

ノロウイルスに感染したらまず何をする?

病院へ行くのはもちろんですが、その前にやっておいたら良いことを紹介します。

経口補水液を飲む。

ノロウイルスに感染すると、下痢をしたり、吐いたりしますから、深刻な脱水症状になります。

それで、水よりも吸収の早い経口補水液を飲むことで、脱水を防ぐことができます。

 

【家庭で出来る簡単経口補水液の作り方】
※ナトリウムの摂取制限を受けている方は、必ずかかりつけの医師に相談してください。

水:1リットル

塩:3グラム

砂糖:40g

これらを全て混ぜ合わせます。

市販のスポーツドリンクでもよいのですが、その場合、冷たいものを一気に飲むのではなく、お湯で半分くらいに割って、ゆっくり飲むようにしてください。

 

まとめ

12月に入って、ノロウイルスの特集をしているテレビ番組が増えたので、知識が増えました。

他のテレビ番組でもやっていましたが、ノロウイルスの予防法で一番なのは、トイレの後や食事の前はもちろんですが、こまめに手を洗うことのようです。

アルコールなどで消毒するのはあまり効かないようですが、インフルエンザやノロウイルスが流行る時にうちで大活躍しているのはこれです。

こちら⇒ウイルス除去率99%チャーミスト

強力なのに安全なのでかなり役立ちます。^^

横にそれますが、旦那の体臭を消すのにも役立っています。

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

2015年12月24日 ノロウイルスに感染しない為の予防法!感染原因とその対策 はコメントを受け付けていません。 ノロウイルス