疲れ目対策に蒸しタオルで温パック!目の充血には冷パック

最近目が疲れているな~と思っているあなたに簡単な目のケアを紹介します。

目が疲れてショボショボすることもあるし、目が充血することもありますが、目の状態によって解消法が若干変わります。

目がショボショボする時には、血行不良ですので目の血行を良くする温パックが効果的。

また、目が充血している場合には、炎症をおさえる必要があるので、冷パックが効果的♪

目の症状や状態に応じて、ケアの仕方を紹介します。

Sponsored Link



目がショボショボする時

パソコン

目がショボショボする時には、長時間のパソコンでの作業や読書、テレビ視聴で目の周りの血行不良が原因なことが多いです。

そこで、簡単には、タオルにお湯をかけて絞った後、目全体を覆うように当てます。
(お湯の温度はやけどしない程度で♪)

レンジで蒸しタオルを作るやり方もありますが、その方法は、

タオルを水で濡らしてしっかりとしぼり、500~600Wのレンジで30秒から1分程度温めます。

これで蒸しタオルはできあがりですが、そのタオルを目の周りに覆うような形で当ててパックしてください。

タオルが熱すぎる場合には、少しタオルを冷ましてから使ってくださいね。^^

また、蒸しタオルは1つだけじゃなくて、いくつか準備して10分間くらい行う方が良いです。

 

目が充血している場合

目が充血

目が充血している時には、目の炎症をおさえないといけないので、タオルを冷やして冷パックしましょう!

温パックの蒸しタオルの反対で、タオルを氷水で冷やしてしぼります。

氷がなかったり、氷を準備するのに時間がかかる時には、水でしぼったタオルを冷蔵庫か冷凍庫に入れてもいいでしょうね。

Sponsored Link



 

目がショボショボして充血している場合

目がショボショボしているのに、充血していることもあるんですが、そういう時には、温パックと冷パックを交互に繰り返すと良いようです。

症状によってパックの方法が変わるので、症状を見ながらケアしてくださいね。

 

目の疲れが酷い場合

蒸しタオルの温パックが良いのですが、温パックしている間に次の蒸しタオルを作っておくというように、継続して蒸しタオルの温パックをしてください。

また、部屋の電気も消して、身体も横にして温パックをすると効果的です。

 

まとめ

私なんかも毎日パソコン作業が多いので、夜寝る前には、目を休めるためにもたまに蒸しタオル温パックしないといけないなと思いました。

蒸しタオルって、美容法にも良いので、疲れ目解消しながら美容にも使えますね。^^

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)


2015年10月8日 疲れ目対策に蒸しタオルで温パック!目の充血には冷パック はコメントを受け付けていません。 健康・美容