唇の乾燥や荒れにワセリンでケア!リップが効かないあなたに

冬になると唇の乾燥が特にひどくなりますよね?

唇の皮がむけて、ひどい時には血が出てしまったり・・・。

その対策はリップクリームですか?

グロスですか??^^

中には、リップクリームを毎日何度も塗っても効かない人も多いのではないでしょうか?

そこで、今日は先日テレビ(あさイチだったかな?)でやっていたワセリンを使った唇の乾燥や荒れの改善法を紹介します。

Sponsored Link



唇の悩みランキング

唇になんらかの悩みを持っている人がアンケートを取った中に9割いたみたいで、一見たいした悩みじゃなさそうなのに、みなさん気にしているようです。

そこで、唇の悩みのランキングは・・・

1位:かさつき

2位:皮むけ

3位:くすみ

4位:縦じわ

 

唇の荒れって、年齢的なものだったり、冬になると必ず荒れるので、もうしょうがないとあきらめていませんか?

しかし、毎日のケアで冬だってプルプルの唇になれるんですよ♪

 

思わずやっていませんか?唇のNG習慣

 皮をむく

⇒剥がれた皮をいつもむいていると黒ずみまで出来てしまいます。。

 

 こする

⇒あかすりみたいにこすっていたら、余計に唇が乾燥してしまいます。。

 

 なめる

⇒唾液の成分は酵素などが入っていて刺激になるので、なめる癖のある人は乾燥しやすくなってしまいます。。

 

良かれと思ってやっていたことが・・・

 UVカット効果のあるリップクリームを塗る

⇒ダメ!

紫外線カットが入っているものは成分自体が刺激になることがあるので、現在荒れている人が使うのは良くない。

 

 口紅ではなくグロスを使う

⇒ダメ!

グロスは刺激が強いので、皮膚の薄い人や乾燥しやすい人にはおすすめしない。

避けた方が無難

 

 クレンジング

⇒洗浄力が強いものはダメ!

 

実は、全ては『刺激が原因』

 

普通の皮膚は「皮脂膜」+「角質層」

があるのに比べて、

唇は「角質層のみ」しかも、『角質層の層も薄い』

刺激が加わることで水分不足になり、乾燥してしまうので唇が荒れてしまうみたいです。

Sponsored Link



 

そこで解決策!

 リップクリームの変わりにワセリンを使おう!

ワセリンを使うと唇に膜を作ることができます。

また、保護効果があり、医薬品でも化粧品でも、何でも使える万能薬です♪

ワセリンは、安全性の高い商品で、「一つ家庭の常備薬」として必要♪

ワセリンをネットで購入(楽天市場)

 

 グロスの代わりに口紅を使いましょう!

肌に対する刺激は口紅の方がないので、現在、唇が荒れている人はグロスではなく口紅や、口紅にワセリンを混ぜて使ってみてください。^^

 

 クレンジングは、お肌に負担の少ないオリーブオイルで♪

オリーブオイルをクレンジングとしてお肌全体に使うのではなく、唇だけ使うようにしてください。

 

ワセリン入りのリップクリームじゃダメなの?

リップクリームにワセリンが入っているものもありますが、唇があまり荒れていない人ならそれでもいいのですが、乾燥が激しく進んでいる人はワセリンのみが良いようですね。^^

また、皮が剥けている人は、ワセリンを厚めに塗って、皮をふやかしてからそっとはがすとダメージが少ないようです。

 

リップクリームの選び方

・唇がつっぱる人⇒UVカット、香料、着色料なしのもの

・皮がむけている人⇒ワセリン

・唇が割れている人⇒ステロイド(処方薬)

・これといって唇の悩みのない人⇒お好みのものでOK!^^

 

リップクリームを塗る回数

基本的には

朝、晩、食後3回の計5回

乾燥のひどい人は、乾燥の度合いによりもっと多くても良いです。

また、「薬用のリップ」を夜寝る前に塗ると良くないという噂があるようですが、そういうことはないとのことです。

 

まとめ

唇のターンオーバーはお肌のよりも周期が早いので、3日くらい上記のやり方で唇のケアをしてみたらすぐに変化するようです。

唇の乾燥や荒れ、ひび割れ、がさつきなどが改善されないとあきらめていていた人や、リップクリームが効かないで困っていた人には、おすすめですね♪

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

2013年12月15日 唇の乾燥や荒れにワセリンでケア!リップが効かないあなたに はコメントを受け付けていません。 健康・美容