浴衣(ゆかた)の帯の結び方<簡単でかわいい蝶結び>

前回、一人で着る浴衣の着付けの紹介をしましたが、今日は、一人でする帯の結び方です。

これで浴衣は一人で着れるようになりますね。^^

帯の結び方も蝶結びなので、華やかでとても可愛い仕上がりになりますよ♪

浴衣の帯

Sponsored Link



一人で結ぶ浴衣の帯の結び方<半幅帯を使った文庫結び>

1.帯の端から50~60センチを持って、先端から二つ折りにします。

※この短い方をといい、長い方をたれと呼びます。

わになっている方を下にして胸紐の中央に当てます。

それから、「」の先を右肩にかけます。

 

2.帯を広げて体に1回巻き、「」の先を右手で身体に巻いた帯を左手で持ち、キュッと締めます。

 

3.帯をもう一度体に巻き、帯板を右脇に入れて、背中の方にまわしていきます。

たれ」の部分を引っ張って、帯板を真後ろに持ってきます。

 

4.「たれ」を脇から斜め内側に織り上げ、シワにならないように整えます。

 

5.「」は、「」を下にして「たれ」の上に重ねます。

 

6.「たれ」の上に重ねた「」を、「たれ」を包むようにしながらくぐらせ、体の中心で結びます。

 

7.出来るだけ結び目の近くを持って、ギュッとしっかり締めます。

」が右上に、「たれ」が左下にきていれば大丈夫です。

 

8.「たれ」の先から肩幅くらいの長さ(約40センチ)をとってたたんでいきます。
(これが「はね」になります。)

 

9.たたんだ「はね」の外側部分を両脇方向に2センチくらいずつずらして広げ、内側の「はね」を上に6~7センチ出します。

 

10.「はね」の幅の中央をつかんで一つ山を作って、さらに幅の両端からひだを寄せます。

 

11.ひだに「」の先をかぶせ、結び目の下にくぐらせて、下から上に巻きつけます。

2回巻くとしっかりとなります。

 

12.残りの「」は、帯の胴の部分に上からさしこみ、左右の「はね」の長さが同じかどうか確かめ、左右をピンと張ります。

 

13.「はね」の山とひだをふっくらと広げて整えます。

右手で帯の左わきの上側、左手で背中の下側を持ち、

右の方へグルリと一気に後ろに回して出来上がり~♪

ちょうちょ形の蝶結びなので、とってもかわいいし、自分一人で簡単にできますよ。^^

ゆかた

動画紹介

簡単だとは言っても、やはり動画にはかなわないと思いますので、動画も紹介しておきますね。

同じように「半幅帯 文庫結び」と、人気の「マリーゴールド」です★

 

浴衣の着付け 半幅帯 文庫結び

 

帯の結び方【マリーゴールド編】

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)