節句とは?節句の意味とその日に食べる食べ物は?

日本には、全部で5つの節句がありますが、全部知っていますか?

有名なところでは、3月の「桃の節句」、5月の「端午の節句」ですが、9月にある節句のことは、何かご存知ですか?^^

今月9月9日にある節句のことを、「重陽の節句(ちょうようのせっく)」と言います。

今日は、5つの節句の意味やその時に食べる食べ物などについて紹介します。

Sponsored Link



節句の意味と、その日に食べる食べ物は?

日本では昔から奇数のゾロ目の日をおめでたい日としてきて、5つの節句を祝ってきました。

 

1月の人日の節句

人日の節句は、『1月7日』

1月1日のゾロ目の日が新年に当たるので、1月7日に定められたようです。

1月7日:別名『七草の節句』

ホトケノザ、セリ、スズシロ、スズナ、ゴギョウ、ナズナ、ハコベラを入れた七草粥を食べて1年の健康を願います。

元々は中国では、7種類の野菜を入れた羹をこの日に食べる習慣があり、日本に伝わり「七草粥」を食べるようになったようです。

 

3月の桃の節句

桃の節句は、『3月3日』

ひなまつりの日です。^^

女の子のすこやかな成長を願って、雛人形やひし餅を飾ります。

私も毎年お雛様を飾るのが楽しみでした~♪

ひな祭り

3月3日:別名『草餅の節句』

よもぎを混ぜて作った草餅を食べて、邪気を払う意味があります。

 

5月の端午の節句

端午の節句は、『5月5日』

こどもの日です。

男の子の立身出世を願って兜を飾り、菖蒲湯に入って邪気を払います。

この日に食べるのが、「かしわ餅」です。

柏餅

柏の葉は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、跡継ぎが絶えないということで、一家の繁栄を祈願したようです。

Sponsored Link



7月の七夕の節句(しちせきのせっく)

七夕の節句は、『7月7日』

七夕の日です。^^

仕事や芸事の向上を願って笹に願いを込めた短冊を飾ったり、普段使っている道具の手入れをすると良いとされています。

七夕の節句は元々中国から伝わった伝統ですが、日本で有名な七夕の織姫と彦星の話は、中国からではなく日本にあった伝説から始まったようです。

 

9月の重陽の節句

重陽の節句は、『9月9日』

一年で一番大切とされている節句です。

おめでたい数の『奇数』は陽数と呼ばれ、9月9日は、最大の陽数が重なる日ということで、とても重要な節句となります。

重陽の節句:別名『菊の節句』

不老長寿の象徴の菊の鑑賞会を開き、菊酒を飲み、無病息災を祈願したとされます。

 

まとめ

一番重要な節句、「重陽の節句」

お恥ずかしいことに、実は、この節句だけ知りませんでした・・。^^;

一番重要なのに。。

菊酒のことも菊の鑑賞会のことも知らなかったし・・。。

まだまだ知らないことが多いことを発見しました。

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

2015年9月2日 節句とは?節句の意味とその日に食べる食べ物は? はコメントを受け付けていません。 日本の季節行事