十五夜の意味は?2015年の十五夜はいつ?

そろそろ9月になりますね。^^

9月にある日本の季節行事で欠かせないのは

『十五夜』

満月の日に豊作を祈る行事ですが、日本的ですよね~♪

小さい時には、この時作る月見団子が楽しみでした。

最近では、もうあまりやらなくなりましたが、こういう日本独特の行事は忘れないようにしたいなって感じる今日この頃です。。

十五夜

Sponsored Link



十五夜とは?

秋最初に訪れる満月の夜のこと。

 

十五夜の由来は?

旧暦で8月15日だったことから、『十五夜』と呼ばれるようになりました。

 

2015年の十五夜はいつ?

毎年十五夜の日は変わりますが、今年は9月27日が十五夜です。

 

十五夜の月見をする時に飾るものは?

ススキとサトイモと団子

十五夜は、満月の日に豊作を祈る行事。

ススキは稲に似ているので、お米の豊作を願い、ススキは魔よけの力があると信じられていました。

サトイモと月見団子は満月に見立てて供えます。

でも、何故里芋??

調べればきっと意味があると思います。^^

 

月見団子の数は、十五夜にちなんで『15個』

一番下に9つ置いて、次に4つ、一番上に2つの3段重ねにします。

 

10月には「十三夜」

10月に満月になるちょっと手前の月を見る十三夜というのがあります。

十三夜の月見は平安時代からあって、

『十五夜と十三夜は必ずセットでしないと縁起が悪い』

と言われていたようです。

 

2015年の十三夜はいつ?

10月25日が十三夜にあたります。

ちなみに、月見団子は、13個になりますから、一番下に9個置いて、その次に4個でおしまい。

2段になります。

 

まとめ

十五夜は知っていましたが、十三夜と一緒にしないと縁起が悪いなんてことは知りませんでした。^^;

ま、今の人はあまり気にしないと思いますが・・。

ところで、十夜もあるらしいよ。

こういう日本の伝統文化は残しておきたいですね♪

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

2015年8月25日 十五夜の意味は?2015年の十五夜はいつ? はコメントを受け付けていません。 日本の季節行事