三重県白子新港「鈴鹿げんき花火大会」2017年日程とおすすめポイント

今日は、「鈴鹿げんき花火大会」が好きなぽんずさんにおすすめポイントを紹介してもらいます。

2017年鈴鹿げんき花火大会の日程やおすすめのアクセス法、おすすめの時間帯、とっておきの情報を紹介してくれます。

Sponsored Link



2017年鈴鹿げんき花火大会の日程と開催場所

開催期間:2017年9月9日(土)

開催時間:14:00~21:00

会場:白子新港緑地公園内・砂浜

 

おすすめのアクセス法

場所は三重県鈴鹿市にある白子港緑地公園内・砂浜で行われます。

駐車場を近くに設置していないため、近隣の方でない限り公共交通機関をオススメします。

白子駅下車ですと、約15分くらい歩けば着きます。

迷いそうでも海の方に向かって歩けばいいので分かりやすいです。

どうしても車のがいいという方は、白子駅近くにパーキングがあるのでそこを使えばいいと思います。

ここから大会場所へも徒歩約15分程です。

ただ帰りが混雑すると思うので、覚悟はした方がいいと思います。

少し遠くてもいいなら臨時で駐車場を出しているところがあるので、そこを探すのも手かも知れません。

 

おすすめの時間帯

オススメの時間帯は、やはり花火が上がる19時30分までに着くことです。

大体17時位までに行けばそこまで大混雑はしていません。

段々人が増え始める時間ですので、道に迷うこともなく初めて来る方にもこの時間はオススメです。

 

家族におすすめのイベントわくわく宝探し

昼間にイベントを行なっています。

「わくわく宝さがし」と言い、14時からと15時30分の二回です。

これは小学生までのお子さん対象ですが、大きな砂山がありそれを超えると何かを見つけることができます。

小さいお子さんがいるご家庭にはオススメのイベントです。

大人の方が楽しめる様にステージイベントもあるので、お昼から来るのもいいと思います。

出店も出ているので、昼食を済ませてきた方でも小腹が空いたら安心です。

もちろん昼食、夕食にも最適ですよ。^^

Sponsored Link



 

花火を特等席で見たいなら

花火を特等席で観たいという人は「一般協賛席」をオススメします。

5歳以下は無料でそれ以上の方は、一人2000円です。

事前に購入になりますが、自由席になっているので早めに行けばいい席を取ることができます。

5万円以上の協賛だと特別観覧席がもらえたり、駐車場がつけられたりとメリットがあるみたいですが個人では中々購入しないと思います。

花火が大好きで海の近くで上がる花火をぜひ観たいという方は、そちらの席をオススメします。

 

ベストショットを写真コンテストに応募してみては?

花火の写真を撮る方も多いと思いますが、写真コンテストも行なっているのでベストショットが撮れたらそちらへの応募もいかがでしょうか?

学生の方と一般の方で部門でも別れているので、選ばれる確立も高いと思います。

すごい素敵な写真は来年のポスター等に使われるかも知れませんね。

 

東海最大級の特大花火で花火納めに

面白い販売品としてはTシャツを販売しています。

鈴鹿げんき花火大会と描かれているので、記念にという方は1枚いかがでしょうか?

この花火大会のオススメとしては、海から上がっている様な花火です。

今年(2017年)は「東海最大級の3尺玉海上特大花火」が上がる様なので見ごたえがあると思います。

9月に開催されるので花火納めとして今年の夏の思い出にいかがでしょう。^^

 

まとめ

東海最大級の3尺玉海上特大花火って、どのくらい大きいんでしょうか?

海から上がる花火は圧巻でしょうね。^^

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

2017年8月18日 三重県白子新港「鈴鹿げんき花火大会」2017年日程とおすすめポイント はコメントを受け付けていません。 日本の祭り 花火大会