勝毎花火大会の2017年日程と帯広での過ごし方

毎年「勝毎花火大会」に参加している方に帯広での過ごし方を聞いてみました。

彼は、全道最大の規模を誇る「勝毎花火大会」が一番好きな花火大会のようです。

何万人も訪れるので、場所取りが大変で、ホテルの予約も一杯の様子。

広大な北海道での花火はまた格別なんでしょうね。^^

Sponsored Link



2017年勝毎花火大会の日程

2017年8月13日(日) 19:30~21:00(予定)

場所:北海道帯広市 / 十勝川河川敷特設会場(十勝大橋下流400m付近)

 

勝毎花火大会

毎年行っている北海道帯広の勝毎花火大会が一番好きな花火大会です。

この花火大会の主催は、十勝毎日新聞社です。

それを略して「勝毎」と呼んでいるのですが、規模が全道最大で、毎年、お盆の頃に行われ、多くの人が全道から見物にやってくるのです。

北海道は、日本で一番花火大会を行っているそうです。

温泉地では、ロングラン花火大会と称して夏の間中行っているところもたくさんあり、冬でもイベントと一緒に花火大会を行うところが増えています。

雪の夜空に花火も素敵ですよ。^^

そんな他移動最大と言われる花火大会は、帯広の中心を流れる、十勝川の河川敷で、打ち上げられるのですが、その近くの堤防が、全て桟敷席となり今では有料の席もあります。

何万人も訪れるので、中には、泊りがけで、訪れる方も多いようで、多くのホテルも満杯の状態だそうです。

北海道は広いので、何時間もかけてやって来て、花火が終わると一斉に帰路に就くのですが、各豊年の国道が渋滞になるほどなのです。

皆さん結構朝早くから場所取りをしてから、帯広の観光をしてまた夕方に戻ってくるというようなパターンみたいです。

 

帯広で北海道を楽しみましょう!

帯広と言えば、豚丼が有名なので、お昼は豚丼ですね。

後は、お蕎麦も有名なので、お蕎麦の方もいるとは思いますが、私ならやはり、駅前の豚丼屋さんですね。

何時も行列が出来ているので、直ぐに分かるお店です。

後は、帯広と言えば、あの六花亭の本店があり、柳月の本店も帯広です。

帯広には有名なお菓子が沢山あるのです。

クランベリーのスイートポテトも格別です多くな店の本店は、工場が見学できるようになっていますので、時間のある方は立ち寄ると良いでしょう。

夜になると屋台が有名なのですけれど、小さな屋台が、立ち並ぶストリートには多くのお店があり、店店の特徴のある料理でおもてなしをしてくれます。

帯広、十勝は、日本の食糧基地ですから、美味しいものが、揃っていますので、一度夜価値は十分ありますね。

此処の屋台の最大の特徴は3年経つと屋台を卒業しないといけないということです。

その後は、独立して、お店を出すということで、町の活性化にも役立っているのです。

Sponsored Link



 

夜は今はここでしか打ち上げることの出来ない三尺玉の大花火に川幅一杯のナイヤガラの滝などスケールの大きさに圧倒されることでしょう。

帯広は、広大な平野です。

周りには、十勝岳連峰などが連なっています。

それらの小高い山から眺める花火大会もとても良いのですが、良い処には多くの人があつまってきていますからどこも席取りが大変ですね。

 

まとめ

北海道で一番大きな規模を誇るこの「勝毎花火大会」は、全国でもトップレベルの花火大会なのです。

広大な北海道の平野に広がる花火がとても感動的なようで、一度は見てみたいものですね。^^

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

2017年7月26日 勝毎花火大会の2017年日程と帯広での過ごし方 はコメントを受け付けていません。 日本の祭り 花火大会