一枝梅(イルジメ)の感想と最終回のネタばれ<イジュンギ主演!>

一枝梅(イルジメ)って、韓国ドラマがあるんですが、これって、人気のドラマで数年おきにいろんな人が主演でやるんですよね。^^

その中で、私が見たのは、イ・ジュンギ主演のものです。

観たのは最近ではないけど、その当時、はまりました。^^

お友達にもDVD貸したりして♪

一枝梅(イルジメ)は、今でもおすすめしたい韓国ドラマの一つですが、どうしておすすめではまったのか、それには理由があります。

その理由について今日は紹介しますね。^^

梅

Sponsored Link



 

韓流ドラマはたまに観ますが、あまり考えなくてもよいラブコメでも良いんですが、どちらかというと、時代劇や考える系が好きなんですよね~♪

で、「え?イルジメって考えるっけ?」って思いませんか?^^

イ・ジュンギ主演以外の一枝梅(イルジメ)は観たことないので分かりませんが、このイジュンギの出ているイルジメって、

「彼は生きているのか?死んだのか?」

って、最後、疑問に残りませんか?

私は、友達にDVDを貸した後、だいたい必ず聞きます。

「で、彼は死んだと思う?まだ生きていると思う?」

って。^^

それで、面白いのが、

死んだと思っている人もいるし、生きていると思っている人もいることなのですっ!!

 

一枝梅は生きていますか?その理由は?

一枝梅を観たことがある人に聞きます。

あなたは、

「一枝梅はまだ生きていると思いますか?

それとも、死んだと思いましたか?」

最終回をきちんと観ている人なら分かると思いますが、答えは

『生きている』

になります。^^

 

では、その理由をあげれますか?

その答えは、ドラマの中にきっちりあります。

・一枝梅が切られた刀はイルジメのものだったので、斬れない刀だった。

・コンガルがもらった靴が2つあったが、一つはイルジメのものであった。

・実は、「第1話の一番最初の場面」は、生きていた一枝梅が出ていた。

Sponsored Link



 

私がその他に面白いと感じたのは、私はドラマを見終わってすぐに、

彼の生死についてネットで検索したのですが ^^;

ドラマを見終わった友人のほとんどは、あまり疑問に思っていなかったということです。

ドラマなんだから、どうでもいいと思っているか、

そこまで気にしていなかった

というのがほとんどでした。

 

しかし、この記事を読んでいるあなたは、きっと

気になった一人ではないでしょうか?^^

納得しましたか?

一応、イルジメの脚本家の意見というのをどこかで読んだので、生きていることには違いないと思いますが。。

先ほどの生死の理由のところを頭に入れてもう一度最終回を観てみると面白いですよ♪

多分、最後のあたり(4年後の)、親しい友人などはヨン(イルジメ)が生きていることを知っているけど、かくまっているので、あからさまに生きていることを言えないでいる・・という場面がありますよね?

一枝梅(いるじめ)か~。

セドルお父さんと愛しのタンも良かったし、パク・シフも光ってたし、ウンチェ役のハン・ヒョジュちゃんもかわいいし♪

イ・ジュンギは目が細いし・・あ、関係ない。。ヘッ..(*。☆)\(- -)バシッ!

また、最初から観ようかな~・・なんてね。^^

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)