フランチャイズの意味は?フランチャイズビジネスの利点と欠点

フランチャイズという言葉をよく耳にしませんか?

以前紹介したモスバーガーもフランチャイズのお店ですよね。^^

フランチャイズとは、何なのでしょう?

フランチャイズの意味や、その利点(メリット)や欠点(デメリット)などを紹介します。

Sponsored Link



フランチャイズとは?

流通におけるフランチャイズ (franchise) とは、事業形態(ビジネスモデル)のひとつ。

Sponsored Link



引用元

 

具体例

フランチャイズの意味を説明するためには、具体的な例を上げるのが一番です。

例えば、自営業でコンビニ風の店舗を経営しているとしましょう。

全く無名のマートに行くよりも、やはり現代人はセブンイレブンやローソンなどの、大きなブランドのコンビニに行くほうが、気楽ですよね。

そういった世間の志向も踏まえて、無名のマートをやめて、ローソンに変更することにします。

そこで、ローソンとあなた自身が「フランチャイズ契約」を結ぶ事になります。

フランチャイズ契約を結ぶ事によって、ローソンは、あなたの店舗にローソンの看板を掲げ、商品を提供し、ローソン風の経営方法を指導してくれます。

新しくローソンがオープンするわけですね。^^

その見返りとして、あなたの店舗は毎月の売り上げの中から、ローソンとのフランチャイズ契約で取り決められた金額を、毎月ローソンへ納めるというわけです。

 

フランチャイズのメリットとデメリット

フランチャイズビジネスのその利点と欠点については、以下のサイトに詳しくあります。

フランチャイズビジネスのメリットとデメリット

フランチャイザー:運営本部

フランチャイジー:加盟社・加盟店

 

フランチャイズビジネスへの参加を考えている方へ一言

フランチャイザーのサポートにより、経験が不要なので、短期間で事業が開始できますし、マーケティングノウハウがあるので、失敗の危険性がとても低く、初期段階から安定した経営が期待できます。

また、フランチャイザーの持つブランド力により信用が高いですね。

と、魅力的な面ばかりが目立ってしまいがちです。。

しかし、一方では、フランチャイジーは雇われ店主であり、フランチャイザーの方針に従わないといけないので、個人の意見は通らないと考えてよいでしょう。

また、フランチャイジーが事業に関する十分な知識を身に付けず開業してしまったことで、大きな負債を負って廃業するフランチャイズ経営者も少なくないようです。

フランチャイジーを保護する特別な法律が今の日本にはないのが現状ですので、フランチャイズビジネスに興味のある方は、容易に参加を決めないようにしてください。

必ず、フランチャイザー側の説明会などには積極的に参加し、全てを確実に理解した上で参加するようにしてくださいね!d( ̄  ̄)

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)


2013年11月2日 フランチャイズの意味は?フランチャイズビジネスの利点と欠点 はコメントを受け付けていません。 ビジネス