ディズニーランドとディズニーシー!夏休みに行くならどっちがおすすめ?

人気のテーマパークと言えば、「ディズニーランド」「ディズニーシー」ですよね?^^

夏休みに行くらなら、「ディズニーランド」と「ディズニーシー」のどっちがおすすめかアンケート取ってみました。

家族でいく場合、カップル・恋人と行く場合、友人といく場合と、誰と行くかでも変わってくると思います。^^

両方のおすすめなポイントを紹介しますので、夏休みにどちらか一つに行きたいんだけど、どっちにしたらいいか決めれないあなたに♪

参考にしてください。^^

Sponsored Link



夏ならやっぱりディズニーランド!



まずは、「ディズニーランドでしょ!」っていうおすすめの声からお届けします。

 

夏しかない夏祭りを楽しんで!<友達・カップル向け>

ディズニーランドでは“ディズニー夏祭り”があるので、夏休みに家族やカップルや友達と一緒に行くのにオススメです。いつものパレードでは、和楽器が使われてお祭りのムードが高まり音楽にのって楽しめます。また、パレード中にはミストも出てきて、暑い中でも涼しさを感じられるようになっています。ミッキーやミニー達の衣装も夏祭りをイメージしていて、法被やハチマキなど可愛さ満点です。夏にしか見られないイベントなので、暑い中でも行く価値があります。夏祭りにちなんで、キャラクターグッズの展開やイベント限定のフードも食べられます。写真映えもしてInstagramなどSNSに投稿したくなるようなものばかりです。夏の思い出作りにピッタリだと思います。

 

抽選なしの「燦水サマービート」で水遊び!<家族・友達向け>

私がおすすめするのは東京ディズニーランドです。消去法でのご紹介になるのですが、今年の夏、東京ディズニーシーでは初めてのイベントとなるパイレーツサマーと呼ばれる映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」を題材としたイベントを行っています。初めてのイベントということもあり、入場者数は東京ディズニーランドを上回っています。そのことから少しでも多くのアトラクションに乗りたい、ショーを楽しみたいという方にはおすすめかと考えます。また、東京ディズニーランドで行われているパレード「燦水サマービート」は観覧席が抽選方式ではないため、誰でも並べば見ることができるのです。このパレードではたくさんの水が使われ、キャラクターたちがゲストに水をかけてくれる楽しいパレードなので夏には大変うれしいものです。

 

シンデレラ城前のステージが圧巻!<家族・カップル向け>

シンデレラ城前のステージは圧巻です。どの位置からも大体キャラクターたちやダンサーさんたちを見られるので、場所取りにそれほど困りませんでした。水撒きの演出は、特に夏場気持ちよくて楽しいし嬉しいですね。また、シーに比べて屋根の部分が多いように思います。小さな子供連れだと、炎天下に長い間居るのは避けたいので、ランドの方が良いかと思います。涼しいエリアが多いのはありがたいです。夕方も、日差しが落ち着いて涼しくなってくるとより過ごしやすいです。木陰も多く、エリア間の移動も平坦でベビーカー利用にはありがたいです。夜の花火はもちろんですが、パレードも夏の夜最高の雰囲気で楽しむことができます。夏のランドはおすすめです。

 

小さな子供の乗れるアトラクションが多い!<家族向け>

ディズニーランドの方が混んでいるのでは?そう思う方も多いと思います。確かにディズニーランドは混みます。その理由は家族連れにはディズニーランドの方が小さな子供が乗れるアトラクションが多いからです。ディズニーシーは身長制限で乗れなかったり、乗り物自体が少なく、歩く場所が多いので暑い中歩くのは体力が奪われてしまいます。。一方ディズニーランドはアトラクションに並ぶのにも建物内が多いので並ぶのもディズニーシーに比べると涼しく並べます。また、両方に共通してある機関車に特徴があるのをご存知ですか?小さなお子様も乗れるので楽しめますが、ディズニーシーの方は乗って景色を見るだけです。ですがディズニーランドは途中恐竜時代にタイムスリップするのです!これは子供達も大興奮です。

 

小さな子供や年配の方が休めるところが多い!<家族向け>

家族で行くなら、ランドがおすすめです。ランドとシーの地形の違いというものがありますが、シーはエリアの間はとにかく歩きます。アトラクションやレストランもばらけているので、疲れたからどこかで休憩しようか、とふらっと入ることが出来ません。体力のある方ならいいですが、小さな子や年配の方が炎天下の中移動しっぱなし、というのは厳しいかもしれません。ランドはアトラクションが至るところにありますし、レストラン数も多いです。アトラクションも数が多い分、並んですぐに乗れるものがシーよりも多い印象です。厳しい暑さなので、なるべく室内にいられるのは嬉しいです。また、これまでランドで水をかけるショーはシンデレラ城の限られたエリアだけで行なわれていたために抽選に外れてしまうと遠くで見なければなりませんでした。しかし、2017年の「燦水!サマービート」はパレードになったので、抽選もなく間近で楽しむことも出来ます。今年はいつもより水濡れ注意なランドです。

Sponsored Link



 

夏ならやっぱりディズニーシー!



今年は、スペシャルイベントの「パイレーツ・サマー」があるので、特にディズニーシーへ行く人が多いと思いますが、その他に何かおすすめはあるのか?

 

マイフレンド・ダッフィーショーがおすすめ<家族向け>

私がおすすめするのはディズニーシーのマイフレンド・ダッフィーのショーです。レストランで軽食や飲み物、スイーツなどを食べながら椅子に座わりテーブルで飲食しながらダッフィーやミッキーたちのショーを楽しめます。このショーをみるとダッフィーたちとミッキーのつながりやストーリーがわかりやすく私はみてからダッフィーたちがより好きになりました。ストーリーの間に休憩が少しあるので飽きやすい子供さんがいても観やすいです。座席も後ろの方に座ったら愚図って泣いたときも退出しやすいですのでおすすめな理由です。またこのお店でしか買えないスーベニア付きのスイーツなどもあるので現地でスイーツは食べておうちでもお皿やバックなど使えて嬉しい商品もあります。

 

パイレーツ・サマーでずぶぬれ爽快感!<友達向け>

現在、東京ディズニーシーでは初めてのイベント「パイレーツ・サマー」を開催しており、「パイレーツ・オブ・カリビアン」をモチーフとした楽しいイベントの真っ最中です。このイベント中のショーは水を撒いてくれる楽しく、涼しいショーとなっています。風向きやポジションによって水にぬれる量がかわります。友達と遊びに行くなんて人は大変楽しい時間となることでしょう。ショーでは「パイレーツ・オブ・カリビアン」に登場するジャックスパロウやヘクターバルボッサが出てきます。その二人の掛け合いを見るのもこのショーの醍醐味であるといえます。二人以外にもたくさんの海賊たちが登場します。海賊たちは修行として私たちに水をかけてくるストーリーです。ずぶぬれになる爽快感をぜひ味わってください。

 

スペシャルイベント「パイレーツ・サマー」を楽しむ!<家族・友達向け>

2017年夏のスペシャルイベントであるディズニー・パイレーツ・サマーはパイレーツオブカリビアンシリーズの世界観をテーマとしてイベントでありジャックスパロウとバルボッサ率いる荒くれもの海賊たちが広げるショーになっています。その他にもデコレーショングッズやレストランも海賊一色に染まります。そのイベントではジャック達が海賊になりたい優秀な乗組員を探す為にパーク内を偵察していると言う設定になっておりゲストは海賊を志す前提になっているのでそこで海賊になりたいかーと言ったら聞かれた志願しましょう。水や炎が舞い上がり大激戦の末に火山が大爆発して行くと言う話になっています。水しぶきがあがっているので濡れても問題無い格好で参加すると良いでしょう。

 

夜の「ファンタズミック」がおすすめ!<カップル向け>

私はディズニーシーで夜に行われるファンタズミックが好きなため、ディズニーシーをおすすめします。夜のメディテレーニアンハーバーにおいて、巨大なウォータースクリーンやレーザー光線、炎、光などの特殊効果で幻想的な世界が楽しめます。また、最後には花火が打ち上げられるため、豪華さを感じることができます。音楽や演出によって壮大さを感じることができたり、色々なディズニーキャラクターが出演し、可愛さも感じることができます。事前に席をとって、開始までその場で待つ必要があります。大人は、待っている間に、食べ物とアルコール飲料を買って、待ち時間を楽しむことができます。夏の暑い夜に、冷たいアルコールは美味しさが倍増して感じることができるため、オススメです。

 

迫力満点の「パイレーツサマー」がおすすめ!<家族・友達向け>

東京ディズニーシーでは今年の夏、ディズニーパイレーツサマーと銘打って「パイレーツ・オブ・カリビアン」の世界をテーマとしたスペシャルイベントが開催されます。ポルト・パラディーゾを占拠したキャプテン・バラボッサ率いる海賊とキャプテン・ジャックスパロウが登場して迫力満点の激しい闘いやどんちゃん騒ぎの宴会が催されます。会場もドクロが描かれた海賊の旗や黒と赤のパラソル、海賊船の中にいるようなロケーション、牢獄に閉じ込められた感じのロケーションもあり写真撮影やSNSにはもってこいの造りになっています。また暑い夏用に涼しいミストが噴射するクールスポットが数か所に設置されてます。映画もちょうど公開されるので、ジャストタイミングだと思います。

 

水上ショーや絶叫系乗り物で夏を満喫!<家族・友達向け>

夏にお勧めなのは「ディズニーシー」です。私が一番お勧めしたいのはやはりショーです。水上ショーは暑い中でも気持ちいいですし何よりもランドよりもやはり、行動していても水が張ってあるからか涼しんです。また大人の方々には嬉しいであろうお酒に関してもシーであれば完備されています。乗り物に関してはタワー・オブ・テラーやレイジングスピリッツなどの絶叫系が多いですね。なので暑い日のは絶叫で涼しくなることができますよ。またお子さんも楽しめるようなトイ・ストーリー・マニアやタートル・トークなどもあるので年齢に関係なく楽しめるのではないでしょうか。夜はとてもロマンチックにもなりますし私はランドよりもお勧めしたいです。

 

暑い夏にはビールが飲めるディズニーシーがおすすめ!<大人向け>

大人が行くならやっぱりシー!シーは、なんといってもビールをはじめとしたお酒が飲めます。ビールは通年販売していますが、夏の間はフローズンビールが販売されています。炎天下、火照った体に流し込むビールは最高です。また、開催されているプログラムをイメージしたカクテルやサワーも販売されるのですが、夏の間はさっぱりとした味のものや、目にも涼しげなブルーのカクテルが販売されることが多いです。今年は、レモン味かき氷が乗ったカクテルもあります。ひんやり酔えるなんて最高です。アトラクションでも、シーは夏にぴったりなものが多いように感じます。パーク全体が海をテーマにしているので、水を感じるアトラクションが多いです。「アクアトピア」は、夏になると普段よりも濡れるびしょ濡れバージョンになります。パレードやショーだけでなくても濡れる場所があるのは、シーならではないでしょうか。

 

落ち着いた雰囲気の「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」お酒を楽しむ!<カップル向け>

ディズニーシーではバーやワゴンなどでお酒が飲めるので、落ち着いた大人のデートができるのでおすすめです。とくにアメリカンウォーターフロントの豪華客船SSコロンビア号の2階デッキにある「テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ」では、落ち着いたリッチな雰囲気の船内で静かに二人の時を楽しめます。とても豪華な内装なので、初めは入るのに戸惑いました。でも、感じの良いキャストの方に案内して頂いて、ゆっくりと落ち着いてお酒を飲むことができました。ほかにも所々にあるワゴンでビールが売っています。夏にはフローズンビールといって、ビールの上にフロートが乗ったビールも売っています。フロートがビールをよりいっそう冷たくしており、その冷たさは夏ならではです。開放的な景色を見ながらお酒を楽しめて、ゆっくり二人の時間を楽しむことができます。

 

大人向けの絶叫系アトラクションが多い!<大人向け>

夏休みは季節柄暑いので暑さも吹っ飛ばせるようなアトラクションに乗りたいです。目玉でいうとタワーオブテラーで怖さ倍増するようなアトラクションがいいです。タワーオブテラーは絶叫アトラクションのディズニーシーの中で一番の怖さがあるので余計に楽しくなると思います。基本屋外なのでその中でもスリルがあってスピード間のあるレイジングスピリッツも夏に乗ると余計爽快感があると思います。また屋外に疲れたときや涼みたいときの屋内アトラクションでいうと、ワールプールです。自分の好みで回転の調整が出来るので涼みたいときには乗りたいです。ディズニーシーの方がアトラクションが大人向けなのもあって絶叫が多いのでディズニーシーを選びました。夏にはやっぱり絶叫系がいいです。

 

お酒を飲みながらのんびり楽しみたいなら!<家族向け>

海なので、ランドよりも涼しげな感じがします。特にショーでは水を使う事が多いので見てるだけでも夏を感じることができます。5月から始まったニモのアトラクションも海の中なのでこの季節にはぴったりですね。パイレーツオブカリビアンのショーも海に関係しています。ゴンドラに乗って周りの景色を見るのも素敵だと思います。ヨーロッパの雰囲気を味わう事が出来てとても優雅な気分になること間違いなしですね!ランドに比べると3歳未満のお子様連れでも一緒に楽しめるアトラクションが多いので安心です。暑い時に飲みたくなるビールを提供してくれるのもシーならではだと思います。お酒を飲みながらのんびり楽しみたい方にはシーがお勧めです。

 

まとめ

結果としては、夏には「ディズニーシー」をおすすめしている人が多かったです。^^

ビールやお酒も飲めるし、水を扱ったショーが多いので、涼しいというのが理由ですね。

ディズニーランドの方でも、水をかけてくれるパレードがあるし、木陰もシーよりは多いので、疲れてもすぐに休むところがあります。

どちらにしても夏休みだし、いつも以上に混雑するでしょうし、真夏の炎天下の中、脱水症状にならないように、水分の補給はしてくださいね。^^

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加