ウクレレとは?どんな楽器?その人気の秘密

ウクレレ奏者

ウクレレとはどのような楽器なのでしょうか?

ハワイアン音楽にもよく利用されるウクレレは、4弦の小型ギターのような形をしています。

フレットが施されていることでも知られている弦楽器ですね。

見かけはギターにとても似ているのですが、あの独特な音色がステキですよね。^^

Sponsored Link



 

ウクレレとは?

 

もともとウクレレは、ハワイで進化する前にポルトガル移民によって利用されていたブラギーニャbraguinha)という楽器でした。

19世紀にハワイに持ち込まれてからはハワイで進化を遂げ、現在のようなウクレレに確立して言ったというわけです。

ポルトガル移民だったマヌエル・ヌナスが、現在のウクレレの直接の生みの親とも言われていて、ハワイのコアと言うアカシアを、ウクレレの材料として使い始めました。

ウクレレ

ウクレレの名前の由来

 

ウクレレと言う名前の由来は実はあまりはっきりしていません。

ウクレレ演奏者のニックネームだったとも言われていますし、

ハワイで、「uku=ノミ」「lele=跳ねる」という意味の言葉で、ウクレレを弾く指の動きがノミ(蚤)が跳ねているように見えるということで、それがウクレレ(ukulele)の名前の由来となったという説もあります。

 

 

ウクレレの種類

 

ウクレレには大きさによって

  • ソプラノウクレレ
  • コンサートウクレレ
  • テナーウクレレ
  • バリトンウクレレ

のように4種類の大きさがあります。

 

ちなみに最も大きなバリトンウクレレのサイズはテナーギターと同じぐらいの大きさのようです。

私達に最も馴染みが深いのは小さくて軽くて持ちやすいソプラノウクレレです。

練習も簡単で、割と簡単に演奏する事ができるので人気がありますし、何よりも安く購入できるので人気があるようですね。^^

ウクレレから派生したバンジョーウクレレは、8弦のタロパッチを持つウクレレとしても知られています。

 

ウクレレを愛用している芸能人

 

私の世代だと、「ウクレレと言えば高木ブー!」と思ってしまいますが、その他にも牧伸二さんや、加山雄三さんを思い出しますね。

最近では、ウクレレえいじ、香取信吾なども愛用していますし、辻あやの、ごんちちなども愛用している事でも知られていますね。^^

もっと、沢山いますが、全員の名前をあげるのは大変なので、この辺で・・。

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年8月19日 ウクレレとは?どんな楽器?その人気の秘密 はコメントを受け付けていません。 音楽