冷え性って夏にもあるの?!その対策と3つの改善法

寒がっている人夏にも冷え性ってあるの?って不思議ですが、実は、夏なのに、手足が冷える女性は多いのです。

何故かというと、冬だと外が寒いので、基礎代謝量が増えるのですが、夏は外が暑いので、身体の基礎代謝量が下がります。

夏の身体は血液中の赤血球が減り、体液が増えるようになるので、冬の体よりも冷えに弱くなるのです。

また、実は、現代は便利な世の中になっている分、特に身体に冷えがたまりやすい環境になってきているのです。

どういう理由かというと、昔の人より体を動かすことが減ったので汗をかかなくなった上、どこでも冷房がきいているし、体を冷やす食べ物がそこら中に売られていて、冷えに弱くなっている身体に、さらに冷え性になりやすい環境になってしまっているのです。

そこで、夏なのに、手足が冷えてしょうがない!と困っているあなたに、「その対策」と「3つの改善法」を紹介します。^^

Sponsored Link



その対策は?

夏に冷え性になった時には、どうしたら良いのでしょうか?

それは、体の血行をよくして、汗をよくかく代謝のよい体にすればいい のです!^^

そこで、3つの改善法を紹介します。

 

1.エクササイズをする

何と言っても現代人は、運動不足です。エクササイズ

簡単なエクササイズをすることで、汗をかきましょう!

おすすめは運動を「朝」にすること。

朝出来ない人は、「入浴前」なんか良いですね。^^

 

2.反復入浴法

入浴
夏ってシャワーでサッと汗を流して終わり!って人が多いのではないでしょうか?

特に冷えていると実感している人ほど、しっかり入浴して、体の血行をよくし、さらに代謝を上げましょう!^^

反復入浴法は、1回で1時間以上散歩したと同じカロリーを消費する入浴法なので、体がびっくりしないように注意も必要です。

 

3.体を温める飲み物と食べ物を摂取する

食事は体を作る基本ですよね?024804

いろんな食材がありますが、その中でも、体を温める食材があるので、積極的にそれらを摂取することで、体を根本から変えてみてください!

また、冷たい飲み物は、体を内側から冷やし、飲みすぎて体に水をためこんでしまうので、飲まないようにしましょう♪

冷えている時ほど水分の取り過ぎには注意し、温かい飲み物を飲むようにしましょう!

 

体を温める作用のある食材

寒い地方で取れるもの

「りんご」「ぶどう」「さくらんぼ」「いちご」など

色の濃いもの

「紅茶」「赤ワイン」「ドライフルーツ」「赤唐辛子」「海藻」「小豆」「黒豆」など

根菜や木の実など、堅い・地下になっているもの

「ナッツ類」「にんじん」「ごぼう」「れんこん」「イモ類」など

そのほかにもありますが、上記は代表的な例です。

 

夏でも冷え性だと自覚しているあなたは特にこの「3つの改善法」を実践してみてくださいね♪

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年7月24日 冷え性って夏にもあるの?!その対策と3つの改善法 はコメントを受け付けていません。 冷え性