花粉症を改善するおすすめの方法はこれ!<鍼・マッサージ・自然療法編>

花粉の季節になるとくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの花粉症の症状に悩まされている人が私の周りにも多いです。

いつも薬を飲んでいる友人もいますが、体に負担がかかったり、副作用などのことを考えると、自然な療法で改善される方がいいですよね。^^

そこで、「花粉症を改善するおすすめの鍼やマッサージなどの自然療法」についてアンケートを取ってみたので紹介します。

Sponsored Link



花粉症を改善するおすすめの方法

亜麻仁油(あまにゆ、あまにあぶら)・鍼灸



ハンドルネーム
ひより

どうして(どこで)その治療法を知ったのか?
鍼灸院で教えてもらいました

自分の花粉症の症状と、その治療法について
花粉症になったのは20年ほど前になりますが、朝から鼻がでて止まらないし目がかゆい。外に出るとくしゃみが鼻もむずむずが止まらず毎日つらかったです。体調にもお肌にもいいけど亜麻仁油が花粉症にいいと思うから食べてみてと頂いてからすぐに効いたわけではありませんが、1年1年よくなってきて今では体調の悪い時や寝不足の時に少しむずむずしたりくしゃみが出る程度でかなり改善されました。マスクもせずに外出して過ごしています。もちろん鍼灸で体を整えて亜麻仁油を毎日摂取してという感じです。鼻がむずむずするときは鼻の横のつぼに鍼をしてもらったりしています。とても効果があります。家ではお灸をしたりし体調を整えます。とても効果があると思います。

その治療法にデメリットがあれば。
デメリットは特に何もありません。少し代金が高いくらいでしょうか。

 

鼻うがい



ハンドルネーム
たく

どうして(どこで)その治療法を知ったのか?
インターネットで効果的な治療法を探していて見つけた。

自分の花粉症の症状と、その治療法について
くしゃみや鼻水、鼻づまりがひどくマスクをしていても外にいる時間が長ければ帰宅後それらの症状に悩まされていました。病院で処方された薬を飲んだり点鼻薬も効果はありますが鼻うがいはその場でスッキリするので薬とは違った良さがありました。帰宅後鼻うがいの習慣をつけると花粉症の症状はずいぶん抑えられました。鼻うがいによって鼻の粘膜に付着した花粉が洗い流されていることが実感できました。又、すでに症状が出て鼻づまりがひどい時でも鼻うがいをするとつまっていた鼻水が出てきてスッキリしました。薬とは違い症状に合わせて気軽にできるところが鼻うがいの良いところだと思います。即効性もあるので花粉症で辛い時、鼻うがいには助けられています。

その治療法にデメリットがあれば。
とくにデメリットは思いつきませんが鼻うがいをするには専用の容器を購入したほうがいいと思います。私は鼻洗浄器をインターネットで購入しましたがセットで洗浄剤も購入したので多少初期費用はかかりました。洗浄剤は人の体液と同程度の浸透圧濃度に調節してくれるので鼻への刺激が抑えられて良い感じです。

 

レンコンを毎日食べる



ハンドルネーム
かおり

どうして(どこで)その治療法を知ったのか?
日曜日の朝にやっている所さんの目がてんでみました。

自分の花粉症の症状と、その治療法について
花粉症で、さらにハウスダストのアレルギーで、一年中鼻水が止まらない状態でした。家の中を丁寧に拭いてまわったり、青魚が良いとテレビで紹介されていれば毎日食べたりしましたが、あまり効果は感じませんでした。所さんの番組でレンコン農家に花粉症はいないと紹介されているのをみてから、毎日レンコンを食べ始めてからは、花粉症の症状が、軽減しました。

その治療法にデメリットがあれば。
デメリットは今のところ何もありません。オススメです。

Sponsored Link



 

耳つぼジュエリー

ハンドルネーム
ぴーちゃん

どうして(どこで)その治療法を知ったのか?
自分が耳つぼジュエリーのお店で働いていました

自分の花粉症の症状と、その治療法について
私の場合、花粉症の症状は鼻がつまる、鼻水やくしゃみが出る、鼻や目がかゆい、でした。自宅にいる時ならなんとか乗り切れますが、接客の仕事中は症状を我慢するのがとてもつらかったです。そんな中、私が働いていた職場で提供しているサービスの耳つぼジュエリーが花粉症に効果があるというのを知っていたので、私も試してみることにしたのです。耳つぼジュエリーというのは、つぼを刺激するためのチタン粒がついているシールを耳のつぼに貼るものです。透明タイプのシールもあれば、ジュエリーがついたタイプもあるのでピアスのように見せることができます。さっそく、自分の耳の花粉症に効果があるつぼにシールを貼ってみたら、いつもよりも鼻がすーっと通るようになり楽になりました。目や鼻のムズムズしたかゆみも少し治まったのです。耳つぼのシールは貼っている間は効果が持続します。私は花粉症のシーズン中はずっと貼ったままにしておいたのでだいぶ楽に過ごすことができました。

その治療法にデメリットがあれば。
デメリットは剥がれてしまったら効果がなくなるということです。

 

つぼ押し

ハンドルネーム
りくにゃ

どうして(どこで)その治療法を知ったのか?
本屋で見つけました。

自分の花粉症の症状と、その治療法について
目のかゆみ、あとは鼻水と鼻づまりです。特に鼻水と鼻づまりが酷くて夜も眠れなかったのですが、あまり薬は飲みたくなかったので、自分でも出来るつぼ押しにしました。指の先を親指と人差し指で少し強めにつまみます。それを何度も繰り返しているうちに、少し鼻水が出なくなります。鼻づまりは、脇の下にペットボトルを挟んだり手を挟むと改善します。目のかゆみは、濡らしたティッシュ等で冷やした後に、軽く目頭を押すとかゆみがおさまります。

その治療法にデメリットがあれば。
持続しません。

 

アロマテラピー



ハンドルネーム
ペンネ

どうして(どこで)その治療法を知ったのか?
日頃から自己管理のために西洋医学から自然療法まで、様々なものを勉強するようにしているため。自分で学んだ。

自分の花粉症の症状と、その治療法について
私は10代の頃から花粉症に悩まされるようになり、症状は中の上くらいでした。頻繁に出るくしゃみや鼻水・目のかゆみがあり、頭がぼーっとして鼻のまわりはティッシュによる摩擦で乾燥し皮がめくれていました。目がかゆいので、あまりマスカラはしないようにしていました。コンタックなど市販の飲み薬を飲むと、鼻水やくしゃみはぴたっと止まりますが眠くなったりしますし、体のことを考えるとあまり頻繁に飲みたくありませんでした。20代後半になり、自分で健康管理をするために少しずつあらゆる治療法を学び始め、アロマテラピーの素晴らしさに感銘を受け様々なシーンで活用しています。そして勿論、花粉症の改善にも大きな役割を果たしてくれ、現在も助けてもらっています。まず、花粉症もストレスが大敵なので良い香りに包まれることで日々のストレスが軽減されます。マッサージを加えることで、体がほぐれ更に体調が整っていきます。このことでかなり花粉症が改善されるので、花粉症の時期にはアロマ・マッサージに少なくとも1ヶ月に一度は通い、お金や時間が足りない時は商業施設などにあるアロマのないクイックマッサージだけでも、2週間に一度は通うようにします。更に、ミントの精油(エッセンシャル・オイル)を購入し、くしゃみや鼻水が気になるときに香りをかぐとすっと楽になります。外出先でも、鞄に常に携帯しマスクと併用します。ただし、精油、特にミントの精油は刺激が強いので絶対に直接肌につけてはいけません。ティッシュに数滴たらして使います。アロマ・マッサージは花粉症の始まる2ヶ月くらい前から通うといいです。私はこういった方法で、かなり症状が改善され、マスカラも使用できるようになり、鼻の皮がめくれることもなくなりました。

その治療法にデメリットがあれば。
精油は絶対に直接肌につけてはいけませんし、妊婦さんなどは使ってはいけない精油もあるので、不妊治療をしている方や妊婦さん、何か持病をお持ちの方は必ず医師と相談する必要があります。

 

まとめ

市販薬・処方薬など薬を使わずに花粉症の症状を少しでも軽くしたいあなたへ、少しでも花粉症の改善につながる療法が見つかるお手伝いが出来ればいいなと思います。^^

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年6月3日 花粉症を改善するおすすめの方法はこれ!<鍼・マッサージ・自然療法編> はコメントを受け付けていません。 花粉症