インフルエンザにかからないための予防・対策!加湿器は?アルコール消毒は?

あなたのインフルエンザの予防・対策、間違っていませんか?

インフルエンザの予防の3大ポイント

咳やくしゃみには近づかない

マスクと手洗い

喉を湿らせておく

以上がインフルエンザの予防の3大ポイントと言われるものなのですが、飛沫感染が一番の感染ルートだということを頭に入れておけば、だいたいの予防が出来ますよね?^^

それ以外にも、アルコール消毒や加湿器などと言ったインフルエンザの予防に効果的だと思われているものが本当に効果的なのか調べてみました。

Sponsored Link



アルコール集毒は効果的なのか?



最近至るところに置いてあるアルコール集毒。

アルコールはウイルスを死滅させるのに有効です。

しかし、アルコール消毒に関しては、多ければいいというわけではなく、1~2回のプッシュ程度で十分です。

アルコール消毒で使うアルコールは100%のものを使うと手が荒れたりしますから、もちろん100%ではないですよね?

ということは、水分が入っているということになり、その水分を伝ってウイルス感染しやすくなりますから、塗れた手で何かを触り、その手にウイルスが付いたまま、何かを食べたりすると、鼻や口の粘膜からウイルスが体内に侵入してしまいます。

アルコール消毒は効果的ですが、プッシュは1~2回にして水分はすぐに飛ばすようにしましょう!

 

加湿器はインフルエンザ予防に効果的なのか?



加湿器をつけることは、インフルエンザの予防に効果はありますが、加湿器をただつけているだけでは予防にはなりません。

加湿器をつけることで、湿度が上がり、湿度50%~60%になると空気中にいるインフルエンザウイルスを水滴の重さでウイルスを床に落とすことができます。

しかし、ウイルスの活性が低下するだけで、ウイルスが死ぬわけではないのです!

なので、乾燥すると落ちていたウイルスが復活し、空気中に舞い上がってしまい感染してしまう可能性がありますから、床の場合は、アルコールで拭き掃除し、絨毯の場合には、絨毯にアルコールをスプレーすることを忘れないようにしましょう!

Sponsored Link



 

インフルエンザにかかった時に飲む治療薬を予防として飲むのは効果的なのか?



元々、インフルエンザウイルスが体内で増殖することでインフルエンザを発症したといいますが、1日でウイルスは100万個も増殖します。

人によって個人差はありますが、発熱し悪寒を感じる状態だと10~100万個増殖している状態で、このような患者さんを治すのに用いられるのが、「抗インフルエンザウイルス薬」と言います。

この「抗インフルエンザウイルス薬」は、体に入ってきたインフルエンザウイルスの増殖を防ぎ、悪寒や発熱などの症状まで出ないように抑えてくれるので、予防として飲むと効果的です。

しかし、誰でもその薬が手に入るわけではなく、予防薬として使うには条件があり、まず、インフルエンザ患者の家族や共同生活者が対象です。

また、予防として飲むにはいろんな条件があるので、医師に相談してくださいね。^^

 

うがいは効果的なのか?



以前、インフルエンザにかかりやすい人とかかりにくい人の違いの時に、口の中を清潔に保ちましょう!ということで、うがいをすると良いはありましたが、インフルエンザの予防法としてはそれほど強調されません。

何故、強調されないの?

インフルエンザウイルスは、喉にくっつきますよね?

そのウイルスは、30分以内には細胞の中に入ってしまうんです!

それで、家に帰ってきてからのうがいはあまり意味がないと言われているんです。。

それでも、家に帰って来る30分以内にインフルエンザのウイルスが喉についてしまった可能性もありますから、一応、うがいはしておいていいんじゃないかな?と私は思います。^^

 

喉を湿らせておくのが良い理由

一番最初にお伝えした、インフルエンザの予防の3大ポイントの一つに「喉を湿らせておく」というのがあるんですが、個人的に何故喉を湿らせておくのが何故有効なのか理由が分からなかったので調べてみました。

喉には感染を予防するような成分が粘液の中にあるのですが、喉が乾燥していると、喉で働く免疫が十分の機能を発揮できないのだそうです。

それで、喉が乾燥しているとインフルエンザにかかりやすい状況になってしまうのです。

喉が渇いている状態ではなく、喉の奥の方がからからになっているような感じです。

対策としては、水を飲んだり、飴やガムを食べたりするのが良いようです。

 

まとめ

インフルエンザにかからないためにいろいろと予防法や対策など紹介してきましたが、上に紹介した予防法以外にストレスのない生活も大切なのだそうです。

ストレスがかかると体はウイルスに弱くなるので、病気にかかりやすくなります。

インフルエンザの予防接種を受けていてもストレスのある生活をしていると免疫力が弱くなるので、かかりやすくなってしまうということです。

基本的な対策はとり、また、ストレスフリーな生活をするように心がけるようにしましょうね!(^^♪

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年2月15日 インフルエンザにかからないための予防・対策!加湿器は?アルコール消毒は? はコメントを受け付けていません。 インフルエンザ