むくみ(浮腫)解消法とは?簡単にむくみをとる4つの方法!

むくみとは、「腎臓の経路が不調をきたすことで起こる」ので、腎臓の経路を刺激すると良いのです。

そこで、今回は、

簡単に出来る腎臓の経路を刺激する方法

をまとめてみましたよ。^^

Sponsored Link



むくみ解消対策その1・体操

体内に溜まった水分を出すことでむくみが引くので、体操により腎臓を刺激しながら汗をかくことで利尿を促します。

汗をかくくらい運動すると、水分が体から出ていくので、運動することが良いんですが、結局は、

「運動不足がむくみの原因」ということですよね。^^;

毎日続けるのが困難なきつい運動でなくてもいいので、いつでもどこでも簡単に出来る体操が良いですね♪

8の字体操

手を腰に当てて、横に8の字をかくように腰を回します。

←こんな感じで。

回す方向を時々かえながらやるといいです。

簡単には汗はかかないと思いますが、リラックスして、汗をかくまでやってみてください。^^

発汗することが大切です★

 

むくみ解消対策その2・ツボ

むくみ解消のマッサージのツボは「」にあります。

おへそのちょうど裏側あたりに位置するところにあるので、そこをお風呂上りに3~5分くらいぐるぐると回すようにマッサージすると良いです。

また、足の裏にも腎臓のツボがあるので、出来るだけ裸足で歩くのもツボを刺激するので、これまたおすすめです♪

 

むくみ解消対策その3・リンパマッサージ

リンパマッサージ全身をクモの巣のように広がっているリンパは、血流が処理しきれず、細胞間に溜まった老廃物や余分な水分を浄化する働きがあるので、リンパマッサージはとてもおすすめです。

指圧などで全身の凝りをもみほぐしてくれるので、体のリラックス効果もあります。

マッサージする前には、10分間ほど足湯で血行を良くすることでマッサージ効果を高めることができます。

リンパマッサージは全身・背中などをオイルマッサージしてもらうので、自分一人では出来ませんから、リンパマッサージできるところへ行ってみたらいいですね。

 

むくみ解消対策その4・フットマッサージ

フットマッサージ足の裏にある湧泉(ゆうせん)というツボを押さえながらマッサージします。

湧泉は、足の裏にある「人」の字状の筋の交点の内側にできるくぼみの辺り(足の裏のちょうど真ん中より少し上)にあるので、そこを強く刺激すると良いです。

むくんでいる時や、腎臓が弱っている時にはかなり痛いですが、足だけでも効果があるので、足のマッサージはおすすめです。

 

老廃物を尿と一緒に排出するためにも、マッサージを行った後に、

必ずコップ1杯の水を飲むようにしましょう!

 

このむくみをとる方法は、全身のリンパマッサージ以外は簡単に出来ますが、病気が原因で起こるむくみに関しては、係りつけの医者に相談してくださいね。^^

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加