むくみ(浮腫)の原因って?病気になる前に分かる症状とは?

個人的に顔や足はよくむくむ方なので、今日はむくみ(浮腫)について調べてみました。

「朝起きたら顔がむくんでいた」とか、「夕方、足がむくんでいる」というむくみに対しては、日常的なむくみで、それほど気にする必要はないんですが、

『病気が原因のむくみ』があるので、それは気をつけないといけないんですよね。

そこで、日常的な一過性のむくみと、臓器の不調で出るむくみについて紹介します。

Sponsored Link



 

日常的な一過性のむくみの原因

水分不足

リンパ液の濃度が高くなると、老廃物が排泄されにくくなるので、むくみの原因になります。

[解決法]

出来るだけ温かい飲み物を、昼間は多めに、夜は少なめに摂ると良い。

 

運動不足

運動不足新陳代謝の低下により血行が悪くなるので、リンパの働きが悪くなる。

 

ふくらはぎの筋力の低下

ふくらはぎは、リンパ液や血液を循環させるポンプのような役割をするので、その筋力が低下すると、リンパ管の収縮運動が弱くなり、その為、リンパ液が足にたまりやすくなるので、脚がむくむ。

 

アルコールの取り過ぎ

アルコールには、血管内脱水作用があるので、飲みすぎると、血液濃度が高くなります。そうすると、体は自然に血管内に水分を取り込み、血液濃度を低くしようとするので、むくみにつながる。

 

体温調節機能の低下

エアコンエアコンの使いすぎなどで、発汗などの身体が持つ体温調節機能が衰えると、自律神経の働きが乱れ、水分代謝が低下します。それによりむくみの原因につながります。

 

塩分の取りすぎ

塩分の高い食事をすることで、それを薄めるために体内の水分を蓄えるためにむくむことがある。

 

睡眠不足

睡眠不足自律神経の働きが衰えるので、水分代謝が低下し、それがむくみにつながります。

 

重力の影響

夜には足がむくむが、朝には元に戻っているのは、重力の影響によるものである。

 

黄体ホルモンの影響

生理前の女性は黄体ホルモンの影響でむくみやすくなる。

 

上記の症状で、むくみがすぐに回復する場合にはそれほど気にする必要はないでしょうが、病気が原因のむくみがありますので、それには注意が必要です。

また、病気以外にも、梅雨の時期に冷たいものを食べ過ぎたり、飲みすぎたり、もともと胃腸が弱い、冷え性であるという方は、浮腫みやすくなります。

さらに、治療の為に服用しているお薬によってむくみやすくなることもあります。

 

病気が原因のむくみ

病気が原因のむくみは、

  • むくみが何日も続く
  • むくみがひどくなる一方
  • 急激な体重の増加
  • 尿の出が悪くなっている

などの症状があるので、そういう症状のむくみの場合には、すぐに医師に診てもらうようにしてください。

 

臓器の不調でむくみやすい体の部位

顔のむくみ

腎機能の低下

 

腹部のむくみ

肝臓機能の低下

 

手足のむくみ

心臓機能の低下

 

全身のむくみ

甲状腺、肝臓、腎臓の機能の低下など、あらゆる原因が考えられますので、

早めに医師の診断を仰ぐことをおすすめします。

医者の診断

 

また、一過性のむくみであっても、むくんでいるということは、身体が不調をあらわしていることには変わりはないので、油断は禁物です。

他の原因も考えられるので、自己判断しないで、病気になる前に事前に注意は必要ですね。

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年7月29日 むくみ(浮腫)の原因って?病気になる前に分かる症状とは? はコメントを受け付けていません。 健康・美容