むくみの解消法が知りたい!むくみにくい体になる為の生活術

むくみによってすぐに病気が発生するわけではないのですが、常にむくんでいる人からしたら、どうにかしたいものですよね。^^

特に女性にむくみが多いのですが、その原因は、余分な水分を体から追い出す力が弱く、水分代謝が低下している人が多いからだと言われています。

また、女性は冷え性の方が多いので、冷えにより血流の流れが悪くなるので、水分代謝が悪くなるのも原因の一つですね。

さて、女性のむくみにも、ブヨブヨと力のないむくみ方のぷよぷよ型と、はりつめた感じのパンパン型がありませんか?

個人的に私は、ぷよぷよ型ですが、パンパン張った感じのタイプの友人も結構います。

このタイプによって、解消法が若干違いますので、今日は、むくみのタイプ別の生活術を紹介します♪

Sponsored Link



ぷよぷよむくみの生活術(食べ物・運動・マッサージ他)

食事やお茶で胃腸の働きをしっかりさせ、余分な水分を排出できる体にしましょう!

 

豆類で水分代謝をよくしましょう!

豆類

豆腐を初め、大豆や小豆などの豆類は女性にとって必要不可欠な食材ですが、豆類は、胃腸の働きを高めながら、体内に溜まった余分な水分を排出してくれる作用があります。

積極的に摂取したい食材ですね!^^

できれば、一日一度は必ず食事に取り入れるようにしたら良いでしょう♪

大豆、小豆、黒豆、緑豆など、豆であればどんな豆でもOKです。

また、ご飯と一緒に混ぜて炊くのも良いですし、豆腐や豆乳などのように豆の加工食品もおすすめです♪

 

利尿効果のある食材のお鍋がおすすめ!

お鍋

私もそうですが、むくみやすい人って、水分をなかなか取らない傾向にあるんですよね。

食べ物を食べる際には、胃腸の為にも水分はできるだけ必要です。

特に食事の際には、胃腸に負担をかけないためにも汁物は必ず添えたいものです。^^

そこで、胃腸に優しいお鍋なんかがおすすめ!

特に、きのこ類、豆腐など利尿効果のある食材を使い、胃腸の働きを高めるしょうが、ゆず、青じその葉などの薬味を添えると最高です♪

 

温かい飲み物(お茶)で体にエネルギーを蓄えましょう!

お茶

むくんでいる人は、実は水分が必要だということは知っている人は多いと思いますが、冷たい飲み物ばかりを飲んでいると、胃腸の働きを低下させてしまいます・・・。

それでは、体内の余分な水分を溜め込んでしまうことになりかねないので、冷たい飲みものではなく温かいものを飲むようにしましょう!

はとむぎ茶、黒豆茶、五穀茶など、穀物系のお茶が胃腸の働きを高めてくれるのでおすすめです♪

また、がぶのみするのではなく、ゆっくりと飲むようにしてくださいね。^^

 

むくみやすい足をマッサージ♪

足のむくみ

ぷよぷよタイプの方は、足がむくみやすい傾向にあります。

夕方以降になると、足がだるかったりしますよね?

帰宅したら、寝転んで足を上にあげるようにし、足首のところをぐるぐる回すだけでも良いですし、出来れば、足の裏をマッサージするのも効果的です♪

 

長風呂はNG!

お風呂

むくみ解消の為に、サウナなど汗をかいたら良いのではと思っている人も多いのではないでしょうか?

実は、あまり汗をかきすぎるとかえってエネルギーを消耗し、代謝が落ちてしまうようです。

そのため、できるだけ、サウナや長風呂はしない方が良いですし、サウナの後に食事をすることはしない方が無難です。

 

下半身を動かしてホルモンバランスを改善しましょう!

ホルモンバランスが整っていないために水分代謝の低下がかかわってむくんでいるケースもあるようです。

そこで、下半身を良く動かすことで、骨盤の臓器の働きを高めるので、ちょっとした時間の合間に、腰を回したり、左右に振るなど骨盤を動かすことでむくみ予防になりますよ♪

 

ぱんぱんむくみの生活術(食べ物・運動・マッサージ他)

パンパンタイプのむくみの場合、血行が悪い人が多いようです。

そこで、冷えないように食べ物や服装、運動やマッサージなどで体を温め血流がよくなるような生活をするようにしましょう!

 

体を温める食べ物を食べましょう!

スパイス

このタイプはとにかく体を冷やさないように血流をよくすることがポイントです。

そこで、いつもの食事でも、食後にじんわり汗ばむような食事が理想的です♪

しょうが、にんにく、カレーやからし、唐辛子などのスパイス類を上手に利用するもの大切ですね。

 

ひざの裏を伸ばしましょう!

ストレッチ

膝の裏には、「膀胱経」と呼ばれる経路があり、そこは水分の排泄と深いかかわりがあるようです。

イスに座る時、私はよく脚を組んだり、椅子の上に正座をしてしまったりするのですが、そうすると、ひざの裏を圧迫してしまうので、余分な水分をわざわざ体内にためてしまっている状態になるようです。

それで、椅子に座る時には、足を乗せる小さな台などを利用し、ひざの裏を圧迫せず膝の裏を伸ばすように心がけましょう♪

 

むくみ防止のマッサージをしましょう!

朝起きた時に顔がむくんでいる人も多いのではないでしょうか?

すぐに血流をよくし、むくみを減らす為にも、スキンケアのついでに顔をマッサージしましょう♪

しかし、朝はゆっくりマッサージしている時間はないので、顔の真ん中から外側に向かってパタパタと顔をたたくだけでも良いです。

 

まとめ

一言でむくみと言っても、ぶよぶよタイプとぱんぱんタイプがあるので、自分のタイプを理解し、それに合わせた改善法を取り入れましょう♪

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加