お盆とは?お盆の期間中にやらないといけないこと知ってる?

今年もお盆が無事終わりましたね。^^

お盆の前に記事にすればよかったんですが、遅くなってしまいました。。

今日は、お盆とは?また、お盆の期間中にやらないといけないことを紹介したいと思います。

提灯

Sponsored Link



お盆とは?

”先祖の霊を迎え、もてなして供養する行事のこと”

お盆(おぼん)は、太陰太陽暦である和暦(天保暦など旧暦という)の7月15日を中心に日本で行なわれる、祖先の霊を祀る一連の行事。 日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事である。

ウィキペディアより引用)

Sponsored Link



 

お盆の期間

8月13日~16日
※地域や習慣によって期間は異なります。

沖縄:旧盆・8月の上旬
東京:7月盆・7月15日ごろ

 

お盆の期間に先祖を迎えるためにやらなければならないことって何?

日本人であれば基本的にしていることだと思いますが、お盆期間中にご先祖様を迎えるためにやらなければならないことがあるんですが知っていますか?

 

お墓参り

お墓参り

迎え火かと思った人もいると思いますが、もちろん迎え火もしますが、迎え火をする前にお迎えの意味もかねてお墓参りをしておきましょう♪

お墓参りに関する詳しい記事はこちらをどうぞ⇒墓参りの仕方

 

迎え火と送り火

お墓参り同様、お盆の期間中必ずするのは、「迎え火」「送り火」ですよね。^^

 

迎え火

お墓参りをした13日の夕方にしたいのが先祖を迎える迎え火です。

 

迎え火はいつする?

お盆の初日 13日の夕方

 

迎え火のやり方

昔からのやり方としては、本当に火で焚くのですが、マンションなどに住んでいて火を焚くのが難しい場合には、ほおずきなどを玄関に飾って、迎え火としても良いです。

 

送り火

お盆の最終日 16日

迎え火同様、送り火のやり方はほおずきで代用可能です。

 

京都の五山送り火

京都の五山送り火

日本では「京都の五山送り火」が大規模な送り火で有名ですね。

五山送り火(ござんのおくりび)は、毎年8月16日に京都府京都市左京区にある如意ヶ嶽(大文字山)などで行われるかがり火のことで、お盆の最終日8月16日に行われています。

 

盆棚に精霊馬

精霊馬

ご先祖様を自宅までのせてくれる動物に見立てて作ったもので、お盆の期間中に盆棚を作り飾ります。

きゅうりは先祖が自宅に来る時用で、早く家に着くように足の速い馬に見立て、ナスは先祖が帰る時用で、ゆっくり帰ってもらえるように歩みのゆっくりな牛を見立てています。

精霊馬についてはこちらの記事をどうぞ⇒精霊馬とは?

 

まとめ

小さい時には迎え火や送り火を焚いたりするのが楽しく、その後、花火とかして遊んでいました。

その時にはご先祖様のことなどあまり頭にありませんでしたが、今では、亡くなった家族や親戚のことを考えるよい機会になっていると思います。^^

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年8月19日 お盆とは?お盆の期間中にやらないといけないこと知ってる? はコメントを受け付けていません。 日本の季節行事