精霊馬とは?その意味や読み方・作り方

精霊馬ってご存知ですか?

「お盆馬」として知っている方もいるのかもしれませんが、お盆の時に作る馬や牛に見立てたきゅうりとナスの飾り物のことです。

キュウリの馬は、ご先祖様が一刻も早く帰ってこれるように

ナスの牛は、お盆が終わった後、ゆっくりと帰っていただく

ということなんです。^^

今日は、その精霊馬の意味や由来、その読み方や作り方についての紹介です。

※地域や宗派、家庭によって異なるのは予めご了承くださいね。

お盆の精霊馬

Sponsored Link



精霊馬の読み方

「精霊馬」(しょうりょううま)

以外に読み方を知らない人が多いみたいなので、紹介しておきますね。^^

 

精霊馬とは?その意味や由来

地方によっては、お盆の期間中には、故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、「精霊馬」(しょうりょううま)と呼ばれるきゅうりやナスで作る動物を用意することがある。4本の麻幹あるいはマッチ棒、折った割り箸などを足に見立てて差し込み、馬、牛として仏壇まわりや精霊棚に供物とともに配する。きゅうりは足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように、また、ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように、また、供物を牛に乗せてあの世へ持ち帰ってもらうとの願いがそれぞれ込められている。
ウィキペディアより引用)

Sponsored Link



 

ご先祖様を自宅までのせてくれる動物に見立てて作ったもので、本来は(精霊棚)を作り飾りますが、盆棚をわざわざ作るのが大変な方は、タンスやテーブルの上に蓮の葉っぱを敷いて飾るだけでも大丈夫なようですよ。^^

 

精霊馬の作り方

精霊馬

【材料】

きゅうり:1本
ナス:1本
割り箸:約2本

【作り方】

1.割り箸を適当な長さにカットし、8本の足を準備します。

2.キュウリとナスそれぞれに、バランスよく割り箸で作った足を刺せば出来上がり~!

ヘタの部分を頭にしてくださいね。

乗り心地のよい精霊馬は出来ましたか?^^

その他にも最近はアレンジがすごくて、面白いものも沢山あるので、以下も作り方の参考にしてみてください。

【お盆】みんなの作った精霊馬が面白すぎる【なす・きゅうり】
http://matome.naver.jp/odai/2134482886493507201

 

まとめ

うちの実家では毎年お盆が始まると必ず玄関先で迎え火をし、最終日には送り火をしていましたが、精霊馬は見たことがありませんでした。

それで、今回調べるまで、お盆にこういう慣わしがあることも知りませんでした。^^;

今年のお盆は終わってしまったので、来年からお盆には精霊馬を作ろうと思います♪

可愛い精霊馬を作っている人も多いんですね★

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年8月16日 精霊馬とは?その意味や読み方・作り方 はコメントを受け付けていません。 日本の季節行事