PL花火大会 2013を見逃すな!<日程・穴場スポット・行き方>

花火大会関西地方で有名な花火大会に、

PL花火大会があります。^^

最近では、関西のみならず、全国各地からも参加者が増えているようですが、初めての人は、その人の数に圧倒されるようです。

そのPL花火大会について紹介します♪

Sponsored Link



 

PL花火とは?

正式名称:教祖祭PL花火芸術(PL Art of Fireworks)

花火大会ではなく、あくまでも世界平和を目的とした「宗教行事」です。

 

その始まり

1953年が初回開催

PL教団初代教祖の御木徳一が

自分が死んでもこの教えが世に広まるのであれば、死ぬことは世界平和のためになるから、死んだら嘆いたりせずに花火を打ち上げて祝ってくれ

と、常々言っていたこともあり、息子の二代教祖御木徳近がその遺志を継ぎ、1953年、徳一と自身の故郷でもある愛媛県松山市での教祖祭で、初めて花火を打ち上げ、以後、教祖祭は大阪府富田林市の大本庁において行われるようになった。

 

その規模

入出人数は35万人にのぼります。

開催当初は10万発 ~12万発だったが、2008年より数え方を小割りや浮模様、分砲なども含めた数え方から、純粋に丸玉の総数に変更したため、2万発となったが規模、予算はほとんど変わらない。

 

日程

毎年8月1日 (小雨決行、荒天の場合は中止)

 

開催場所&時間

会場:光丘カントリー倶楽部

(大阪府富田林市。PL教団の関係施設)

時間:19:55~20:50

 

会場までの行き方

以下のサイトを参考にしてください♪

■ PL花火芸術 乗換えアクセス http://www.kankou.kotomeguri.com/osaka_access/event/hanabi_pl.html

 

見どころと魅力

PL花火大会の魅力は、なんと言っても、

「その花火の迫力とスケールの大きさ」

にあります!( ̄▽ ̄)b !

 

最後のフィナーレにある『8000発』が一斉に炸裂するスターマインは、

『周囲は真昼よりも明るくなり、目を開けていられてないほどで、

地響きのようにとどろき渡る』

また、

「PL花火大会を一度観てしまうと、他の花火大会がショボて見れなくなるほど」

とも言われています。^^

 

このスターマインを見たくて、その日のうちに帰れない人が多いと言われる渋滞でも来る価値を持っているんですね。^^

 

自宅で、ちょっとスターマインの動画を楽しんでみてください♪

 

おすすめの穴場スポット

狭山池公園

サヤマゴルフセンターの駐車場(有料)

烏帽子公園の展望台

長野公園の展望台

喜志ロイヤル

二上山

陶器山

金剛山

みかん山

または、

○○霊園、○○打球場・ゴルフクラブなど、離れた高台

花火大会スポット

 

しかし、穴場は、ネットで紹介された時点で、 翌年から穴場ではなくなる可能性もあります。^^;

例えば、「金剛山」が穴場という人もいるようですが、 地元の人は、ありえない!と言うし、 (多分、何年か前は穴場だったのかもしれませんね?)

穴場はなし!とはっきり言う人もいますからね。^^;;

もし、穴場で、見るのにも帰るのにもあまり混雑しない場所を見つけたら、

『誰にも言わず、そっと自分達だけでこっそり』

楽しんだらいいですよ!d( ̄  ̄*)♪

 

まとめ

日本一とも、世界一とも言われるこのPL花火大会♪

一生に一度は見ておいた方が良い花火大会ですが、

渋滞は覚悟の上で参加してくださいね。^^

 

[参考サイト]

Wikipedia「教祖祭PL花火芸術

 

Sponsored Link



記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと、とても嬉しいです!(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加